パソコンを購入する時などに行き当たるだろうこの2つの言葉
一体どういった意味なのか、どっちを買うべきかなど
そんなあなたの疑問を解決しましょう。

bit数について

スポンサーリンク

bitって何??

「binary digit」の略つまり二進数という意味。
コンピューター内の最小単位の事を言います。
0または1のいずれかで表されているデータ形式の事。

なんだか、専門的な感じですがわかりやすく例えると
コンピューターが使う言語と考えればわかりやすいかしれません。

日本人は日本語を使い理解すると同じようなこと。
つまり、コンピューターが処理などに使うと考えれば良いのです。

32bitと64bitの違い

結論から言うと、認識できるメモリ容量の違いのみ。
昔は、64bitだと動かないソフトがある状態でしたが
現在は。64bitの方が需要があるし、64bitを前提として開発されている
ソフトが多いので、問題はありません。

メモリを4GB以下しか使わないなら、32bitを選択する。
メモリを4GB以上使うなら、64bitを選択する。
この様に考えると非常に簡単ですね。

「どっちにしようかな」と悩んだ場合は「64bit」をおすすめ!

スポンサーリンク

32bitの特徴

必要メモリが少ないのでOSが大幅にメモリを消費しない
また、必要とされるHDDの空き容量が64bitより少ない
そのため、小型のタブレットパソコンなどには「32bit」が多いのです。

昔は、32bitを使用している人が多い印象でしたが最近では「64bit」に移行している
動きがあるのであまり需要がなくなってきているように感じます。

「4GB以上は絶対に使わん!」「増設も絶対にしない!」という方は32bitでもいいと思います。

64bitの特徴

上の方でも説明しましたが、メモリの認識量が32bitよりも多いので何かと便利です。
増設も可能ですし、パソコンの性能upも期待できます。

メモリを4GB以上搭載する場合は、必ず64bitを選択しましょう。

認識できないソフトなどがあるという情報がありますが
最近ではそういったソフトなどを見ることがなくなってきました
古いソフトや小規模なソフトならそういった問題に直面する場合がある。

まとめ

大体の違いは分かりましたか??
自分に合ったものを選択していいと思います。

メモリやHDDの容量が少ない場合は「32bit」を選択!
その他の場合は「6bit」を選択!

という感じですね

最新のOSではどちらも付属されているので、関係ないですね!