今や、国民の半数以上がスマホを持っている時代。
少しでも充電を長持ちさせたいと思ったことはありませんか??
今回はその方法をいくつか紹介したいと思います。

長持ちさせる方法

スポンサーリンク

使用しない機能を無効にする

スマホを購入した時のままの設定だと無駄な機能が
やたらと設定してあり、無駄に電力を消費してしまうのが原因です。
使わない機能は無効にしておく方がいいでしょう。

  • GPSを無効にする
  • Bluetoothを無効にする
  • アプリとの自動同期を無効にする

上の3つの機能を無効にしても飛躍的に
バッテリーの減りが改善するわけではありません。
ただ使用していない時に比べればマシになります。
上記の機能は使う時のみ有効にしてあげればいいのです。

無効にする方法

専門的な知識はまったくいりません。
スマホの設定画面を開き全てoffにすれば設定は完了です。
また、通知領域からも設定可能です
スマホ通知領域
通知領域とは画像のような場所になります、今回は画像を少し切り取っていますので通知領域が全て表示されているわけではないです。

画面の明るさを変更する

スマホで一番電力を消費するのが画面です。
画面の明るさを一番明るくして使用するよりかは
暗くした方がだいぶ違いが出ると思います。

スポンサーリンク

ホーム画面をカスタマイズする

ホーム画面に無駄なウィジェットなどが
放置されていたりしていませんか??
また新規追加すればホーム画面の枚数も増やす事もできます。
アプリなども種類別にフォルダに分けておけば便利です。

大容量バッテリーを使用する

充電する際には家などのコンセントから直接するかと思いますが
簡単に持ち運べる大容量バッテリーもあります。
それらを購入すれば、外出や旅行先でも簡単に充電する事ができます。

スマホの場合は約2~3回はフル充電できるでしょう。(容量による)

まとめ

使用しない機能や必要のない物は削除・無効にする
これが一番大事だと思います。
時代が進んでいけばバッテリーの容量も増え
消費電力も抑えられる設計になりそう!?

充電する場合は外出する場合などが多いと思います。
そんな方はやはり「モバイルバッテリー」を持ち歩くことです!
こんなかわいい商品もあります!