craftbukkitやspigotなどでプラグインを導入する際の方法や注意点を解説します。

導入方法

ほとんどのプラグインは[.jar]形式で配布されています。
導入方法はファイルを移動させる作業のみとなります。
サーバーを構築したフォルダの中にある[plugins]という名前を見つけてください。

そこに導入したいプラグインを移動させるだけです。
プラグイン導入解説.PNG
エラー表示がなく、[Plugins]フォルダ内に導入した
プラグインの名前のフォルダが作成されていれば導入完了となります。

スポンサーリンク

設定

プラグインにより様々な設定方法があるので一概には言えませんが
主に、メモ帳を使って文字列を書き換えたりする作業になります
しかし、デフォルトのテキストエディタはそういった作業には向いていません。
コードが一行で表示されたり、見にくいので
他のテキストエディタを使用する事をオススメします
これは必ず行わなければならないということではないです、
主に使われているのは以下の2つのテキストエディタだと思います。
・TeraPad
・Sakura Editor

まとめ

エラー表示がでている時はそのプラグインが機能していない事が多いです。
またはプラグイン同士で競合を起こしてしまい
サーバーが起動しないということもあります。
プラグインの個別のエラー表示ならば、コードに異常があるという事が多いです。
プラグインのコードは非常に繊細なので「,]や[.]など細かい文字が抜けていたり
その他いらない文字列が入力されている、似ている文字など
分かりにくい部分でエラーが起きてしまいます
慎重にやらないとせっかくもう少しで終わりに近づいているのに
どこが間違っているかわからなくなってしまい
最初からやり直さないとならないとなるととても面倒なので気をつけましょう!