iPhoneを持っている人なら初期設定でAppleIDを作成します。
スマートフォンをどこで買うかにもよりますが
Apple IDを作成するのを頼むと別途料金が発生します。
作成するのは簡単なので自分で作りましょう!
画像付きで解説するので、参考にしてください!

スポンサーリンク

必要なもの

まずは、Apple IDを作成する為にいくつか必要なものがあります。

  • iPhone
  • データ通信できること

たったこれだけです。
ほとんどの人が契約後にApple IDを作成すると思います。
契約後はデータ通信が可能なので問題ありませんね。
もちろんWi-Fi環境でもできます。

作成方法

まずは、Appleのサイトにアクセスします。
Apple IDを作成
iPhoneの「設定」から作成することもできるので
どちらか好きな方を選択してください。

AppleIDでログインしていないと上の画像のような表示になっています。
赤枠の所をタップして、作成に移りましょう。

まだ、AppleIDは作成していないので、赤枠の所をタップします。
タップすると次のような画面が表示されます。

Apple IDを作成するので赤枠の所をタップします。
次は生年月日の設定に移ります。

生年月日はIDやパスワードを忘れてしまった場合などに
必要になるので、適当ではなくしっかりと入力しておくこと!
また、iPhoneのサービス上でも使用されることがあるので
特に理由がなければ入力は確実にしておきましょう。
続いて名前の設定です。

名前に関しても特に理由がなければ
本名を入力しておいたほうが良さそうですね。

適当でも登録できないわけではないので問題ありません。
また、後からでも変更可能です。

メールアドレスの作成

続いてメールアドレスの設定です。

2つありますが、どちらでもOKです。
現在のメールアドレスは使用しているキャリアのアドレス。
docomo au softbank など
また、google yahooのメールでもOKです。

iCloudのメールアドレスを取得する場合は下を選択します。
何かとあると便利なので、私はiCloudのメールアドレスを
取得することをおすすめします。

今回はiCloudのメールアドレスを取得する方法で進めます。
続いてiCloudのメールアドレスの作成です。

自分のIDなので忘れないようにしてください。
また、このメールアドレスがApple IDになります。
***@iCloud.comがIDになります。

Appleからのお知らせの設定はお好みで。

パスワードの設定

続いてパスワードの設定です。

Apple IDのパスワードです。
後ほどログインするのに必要になります。
大文字1文字・数字1文字以上が必要になります。

セキュリティーの設定

続いてパスコードの設定です。

パスコードはiPhoneのロック解除などに必要になるので
適当に決めてはいけません。
この状態のまま設定すると「数字6文字」になっています。
その他のパスコードを設定したい場合は
赤枠の「パスコードオプション」をタップしてください。

このように、いくつか選べるのでお好きなものを選択します。
続いて利用規約に関してです。

同意しなければ作成できないので右下の同意するをタップします。

safariのデータをicloudにアップロードするかの設定です。
お好みでどちらかにしましょう。
よくわからない場合は「結合しない」でOKです。
続いてセキュリティーの設定です。

セキュリティーの質問とはIDやパスワードを忘れた場合に
必要になります。画像の場合は1つしかありませんが
実際に設定する際には3つでてくるので注意してください。

IDやパスワードは絶対に忘れない、という方は適当でもOKです。
心配だなぁと思う方は念のため設定しておくと良いでしょう。

どれも簡単な質問なので問題はないと思います。
質問はいくつか用意されていますが
回答は自分で入力する形になっています。

以上でApple IDの作成が完了しました。
画像は加工してありますが、黒い部分に
自分の名前とApple IDが表示されていればOKです!

作成したばかりだと下の画像のように通知がされます。
「2ファクタ認証を有効にする」
これは、セキュリティー上の設定です。
アカウントの不正アクセスやデータ保護に役立ちます。
設定しておくとセキュリティー機能を高めることができます。

iPhone以外のデバイスやブラウザでApple IDにログインしようとすると
SMS(メッセージ)やデバイスに6桁の確認コードが届くようになります。
この確認コードを入力することによって、本人確認ができます。
確認コードが正しくなかったりするとログインできないようになっています。

電話番号にメッセージとして送られてくるので本人以外には届きません。
簡単に設定できるので、不正アクセスを防止するためにも
必ず2ファクタ認証を有効にしておきましょう。