キーボード入力
パソコンを使用していて何気ないことがきっかけで
もっと文字を速く打てたらなーとか思うことはありませんか??
少しでも速くなれる方法をいくつか紹介。

タイピングが速くなるためには

まず、どうやったらタイピングが速くなるのか??

速く打つことを意識すればいいのです。
「は?」と思うかもしれませんが、たったこれだけで
速くタイピングをすることができるのです!

もちろんパソコンに慣れていない人や
数年触っている人と、様々いますが
速く打つことを意識しなければタイピングは速くなりません。

速く打つ場面は限られていますよね。
「ネットで何かを調べようー」と思っている時は
そんなに急ぐ必要はありませんよね??

しかし、ブログやパソコンでの入力作業をしなければならない場面では
とても便利です、速く文字を打つことにより、時間の短縮にもなりますし。

といっても、パソコンに慣れていない人は早く打とうと意識しても
打ち間違えなどがとても多くちゃんとした文が打てません。

スポンサーリンク

タイピング練習サイトを活用する

タイピングが練習できるサイトがあるのをご存知ですか??

寿司打
回転寿司のように次々に流れてくる文字を制限時間以内に入力していく
自分のレベルに合わせて文字数などを選択できる。
sushida

E-typing
様々なジャンルの言葉を選択でき
その中から自分に合った練習ができる。
e-typing

入力方法などを見直してみる

キーボードの”F”キーに左手の人差し指が来るように
“J”キーに右手の人差し指が来るように手をおきます。

なるべく、人差し指だけで入力するのだけではなく
全ての指を使うようにする事で
より速くタイピングができるようになります。

ブラインドタッチを覚える

ブラインドタッチ??と思うかも知れませんが
簡単に言うとキーボードを見ないでタイピングをするということです。
何故、ブラインドタッチをすると速くなるのかといいますと
誤字の確認が素早くでき、キーボード⇔画面というように
視線を移動する動作がなくなるからです。

スポンサーリンク

まとめ

結局は、どれだけキーボードに触れるかが重要です。
長く使用していれば、キー配置などが頭にインプットされ
自然と速くなってきます。

1日2日で速くなるのは難しいですね
慣れることでいつのまにか速くなっているというのが
多い気がします。実際に私もそうでした