TeraPadとは??

テキストエディタです。
Windowsならば「メモ帳」と呼ばれるツールのようなもの。

プログラマーに愛用されているとても便利なツールです。
もちろんプログラマーに限らず、使用されています。
特に、ソースコードなどを編集したりする場合には必須といっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク

ダウンロード・インストール

製作者様のサイトからダウンロードします。
ページの真ん中辺りに次のような記載があります。
terapad
今回はexe版を使用してみたいと思います。

ダウンロードしたファイルを開き、インストールに進みます。
terapad2
次へをクリック
terapad3
次へをクリック
terapad4
インストール先を変更しないのであれば次へをクリック
terapad5
デスクトップにショートカットを作成する場合はチェックする。
次へをクリックするとReadme.txtがTerapadで起動すると思います。

以上でインストールは完了です。

使い方

使い方といいましても、Windows標準のテキストエディタと同じ要領で使用すればいいので
簡単だと思います。

ファイルの関連付け

ファイルなどを関連付ける場合はプログラムを開くからterapadを指定するか
Terapadを開きこのように進めていけばいいかと思います。
ファイル>開く>開きたいファイルを選択

また、製作者はこのように記載していました。(Readmeより)

Windowsのフォルダオプションで関連付けたいファイルタイプ探し、

C:\Program Files\TeraPad\TeraPad.exe “%1”

と設定して下さい。
この「%1」を「”」で囲うのは必須です。 正しく設定しないとパスに半角
空白が含まれているファイルのオープンに失敗します。