Minecraftでサーバーを公開すると制限などをしていなければ世界中の誰でも参加できます。
その中で、ルールを無視する人や迷惑行為、所謂荒らしをする人もいます。
もちろん、管理者としては自分のサーバー・参加しているユーザーを守るために
荒らし対策をしていかなければなりません。

荒らし対策とは??

まずは、どのような対策方法があるのかを知る必要があります。


1.ルールや規約などを設定する。

サーバーを公開する範囲によりますがルールや規約などを明確に記載しておきましょう。
身内程度であれば、特にいらないと思います。
ただ、見知らぬ人や初対面の人が参加する場合などにはルールや規約を記載しておくと
このサーバーではどのようなことが禁止されているのかなどを見ることができて
「トラブル」などを未然に防ぐことが可能になります。

もしも、従えない場合などには「Kick・BAN」などの処置を取ることができます。


2.ホワイトリストを設定する

サーバーには「ホワイトリスト」という機能があります。
「ブラックリスト」の逆と考えればわかりやすいですがMinecraftでの「ホワイトリスト」は
IDを指定し、そのID以外のユーザーは接続ができない。という設定になります。

このようなサイトでサーバーでBANされた履歴を確認することができます。
Testing MCBans API
MCBansというプラグインが導入してあるサーバーのみの履歴です。


3.プラグインを導入する

最も有効で確実な方法はやはりプラグインを導入することです。
ただプラグインに対応したサーバーを構築する必要があります。
詳しくは→spigotまたはbukkitでサーバーを建てるには??

スポンサーリンク

アイテムの盗難を防ぐ

「アイテムを取られた!」「勝手に使われた」などのトラブルを防ぐことができます。
アイテムを持っていかれた場合、犯人の特定は極めて困難です。
そこで、以下のようなプラグインが有効です。

LWC
特徴としては「コマンドを使用」し保護するという点です。
詳しくは→LWCの導入方法と使い方

Lockette
特徴としては「看板を使用」し保護するという点です。
詳しくは→Locketteの導入方法と使い方

このようなプラグインを使用することによって
アイテムの盗難や無断使用などを防ぐことができます。

プレイヤーに権限を与える

権限を与えることによって、プレイヤー毎に行動の制限が可能になります。
以下のプラグインが有効です。

PermissionsEx
詳しくは→PermissionsExの導入方法と使い方

特徴はプレイヤー毎に細かな設定が可能になるので
ブロックの設置・破壊の許可
コマンドの使用許可
プラグインの個別の機能の許可
などの、使用許可(権限)を与えることができます。

スポンサーリンク

BAN情報を共有する

BAN情報を共有することによって、悪質なプレイヤーの判別などが可能になります。
以下のプラグインが有効です。

MCBans
詳しくは→MCBansの導入方法と使い方

BAN履歴があるユーザーを判別できたり、サーバーに参加できないようすることが可能です。
しかし、「MCBans」を導入しているサーバーでBANされている必要があります。
また、自分のサーバーに参加しているユーザーをBANする場合にも有効です。

ワールドを保護する

ワールドに対して、細かな設定が可能になります。
以下のようなプラグインが有効です。

WorldGuard
詳しくは→MCBansの導入方法と使い方

爆破から保護・行動の制限など様々な設定が可能です。
通常では行えない動作を可能にしてくれるので火が燃え移らないなどの設定も可能です。

WorldEdit
詳しくは→MCBansの導入方法と使い方

主にワールドに大規模な変更を加える時に使用します。
なお「WorldGuard」を使用するためには必須のプラグインです。

ログを取る・復元をする

ログを取ることにより悪質なプレイヤーの特定が可能になります。
以下のプラグインが有効です。

CoreProtect
詳しくは→CoreProtectの導入方法と使い方

サーバー内でプレイヤーが行った記録を全て保存する機能があります。
また、ロールバック機能もあり、破壊された部分などを全て復元できます。

セーブ・バックアップをする

自動セーブ・自動バックアップが可能になります。
以下のプラグインが有効です。

AutoSaveWorld
詳しくは→AutoSaveWorldの導入方法と使い方

長時間サーバーを運営する人には必ずといっていいほど必要です。

まとめ

プラグインを導入するだけでは完全な荒らし対策はできません。
それぞれに適した設定を行うことで、可能になります。
プラグインの設定に関してはリンク先のページに記載しています。