Minecraftのマルチプレイで重要になってくるワールド
今回はシングル・マルチ共にワールドを引き継ぐ方法を解説します!
また、サーバーではbukkit spigot 公式サーバー共に使えます。

ワールドの引き継ぎ方

使用しないワールドデーターを削除し
使用したいワールドデーターを新しく追加するだけの簡単なお仕事
※念のためバックアップを取る事をオススメします

スポンサーリンク

シングルプレイの場合

AppData>Roaming>.minecraft>savesに行きそこに追加するだけ。
このフォルダの表示方法
ファイル検索の場所に”%appdata%”と入力すると
Roamingというフォルダが表示されます。
その中に.minecraftその中にsavesがあるのでそこに追加するだけです。

マルチプレイの場合

ワールドには種類がいくつかありますよね。

  • 通常のワールド
  • ネザー
  • エンド

今の所はこの3つですね。
今後アップデートで追加されるかも知れないですけどね!
プラグインでワールドを追加している方はそれ以上あるかもしれません。

全てが1つで管理されているわけではなく
1つ1つに分けられて管理されています。

手順

まずは、サーバーのフォルダに行きます。
サーバーのフォルダを開くと、いくつかフォルダがありますよね
その中で以下の3つを見つけてください

    • world

これは通常のワールドデーターです。

    • world_nether

これはネザーのワールドデーターです。

    • world_the_end

これはエンドのワールドデーターです。
全てを引き継ぎたい場合は全てを任意のフォルダーにコピーしてください。
データーを移したい側のサーバーファイルに”world”などがある場合は削除します。
削除したら、使用したいワールドデーターをコピーすれば完了です。
※削除した”world”などと同じ場所にコピーする必要があります。

スポンサーリンク

注意点

ワールドデーターを引き継ぐ方法はそんなに難しくありません。
シングル⇔マルチ
公式サーバー⇔プラグインサーバー
双方とも引継ぎが可能ですがフォルダ名に注意する必要があります。
シングルに引き継ぐ場合はなんの問題もありません。
日本語表記だと文字化けする可能性はありますが
プレイに影響はないので特に重要視しなくてもいい気がします

マルチプレイ(サーバー)に引き継ぐ場合は問題があります。
ワールドデーターの名前を必ず”world”に変更してください。
変更しないとまた新たに”world”が生成されてを繰り返します。

例外

サーバーのプロパティファイルからワールド名が指定されている場合は
そちらと同じ名前にする必要があります。
指定してる方は少ないと思いますが、
一応確認してみるといいでしょう。