スポンサーリンク

フラグとは??

WorldGuardで使用されるオプションのことです。
細かい設定ができるので、その領域固有の設定なども可能です。
絶対に設定しなければならないというものではありませんが
必要に応じて設定するようにしましょう。
特に荒らし対策やトラブルなどを避けたい場合には
有効だと思います。

フラグの設定

コマンドをする前にWorldGuardで保護エリアを作成しておく必要があります。

WorldGuardの導入方法と使い方
今回はWorldGuardというプラグインの導入から使い方までを 解説しようと思います。 WorldGuardとは?? 名前の通り、ワールドを保護す...

その後コマンドを実行する。
例:/rg flag “保護エリア名” “フラグ名” “権限”
このフラグの設定はワールド全体の設定ではなく
保護エリア内(領域)のみで有効です。
権限の値はフラグの内容により異なるので間違えないようにしてください。
allow=許可・保護する
deny=拒否・保護しない と考えてください。

保護関連

フラグ名フラグの説明権限
passthrough全ての行動を許可する “allow”
”deny”
buildブロックの設置・破壊など“allow”
”deny”
interactスイッチを押す
(ボタン・ドアなど)
“allow”
”deny”
block-breakブロックの破壊 “allow”
”deny”
block-placeブロックの設置“allow”
”deny”
useドアやレバーなどの使用“allow”
”deny”
damage-animals友好的な動物に対しての攻撃“allow”
”deny”
chest-accessチェストの使用“allow”
”deny”
ride乗れるアイテム(動物も含)の使用許可“allow”
”deny”
pvpPVPの許可“allow”
”deny”
sleepベッドで眠る許可“allow”
”deny”
tntTNTの爆破“allow”
”deny”
vehicle-placeトロッコ・ボードの設置“allow”
”deny”
vehicle-destoryトロッコ・ボートの破壊“allow”
”deny”
lighter火打石の使用“allow”
”deny”

保護関連の設定は荒らし対策などに有効です。
設定しておくことで荒らしやトラブルを防ぐことができます。
サーバー管理者の方は必ず設定しておくことをおすすめします。

mob・火・爆発関連

フラグ名フラグの説明権限
creeper-explosionクリーパーの爆破
(ダメージ)
“allow”
”deny”
enderdragon-block-damageエンダードラゴンから
ブロックを保護
“allow”
”deny”
ghast-fireballガストの火の玉から
保護する(ダメージ含)
“allow”
”deny”
other-explosionその他の爆破から
保護(ダメージ)
“allow”
”deny”
fire-spread火の広がり
(燃え移り?)
“allow”
”deny”
enderman-griefエンダーマンによる
ブロックの移動
“allow”
”deny”
mob-damagemobによるダメージ“allow”
”deny”
mob-spawningmobのスポーン“allow”
”deny”
deny-spawnスポーンさせないmobを指定モンスター名を指定
entity-painting-destroy絵画の破壊“allow”
”deny”
entity-item-frame-destroyアイテムフレームの破壊“allow”
”deny”

こちらも保護関連とどうよう設定しておくことで
荒らしやトラブルを防ぐことができるので
設定しておくことをオススメします!

自然・バイオーム関連

フラグ名フラグの説明権限
lave-fire溶岩が燃える
(燃え広がる)
"allow"
"deny"
lightning雷が落ちるように"allow"
"deny"
water-flow水が流れるように"allow"
"deny"
lava-flow溶岩が流れるように"allow"
"deny"
snow-fall雪が降るように"allow"
"deny"
snow-melt雪が溶けるように"allow"
"deny"
ice-form氷を形成する"allow"
"deny"
ice-melt氷が溶ける"allow"
"deny"
mushroom-growthキノコが成長する"allow"
"deny"
leaf-decay葉っぱが崩れるように"allow"
"deny"
grass-growth草の成長"allow"
"deny"
mycelium-spread菌系のブロックが
広がるか
"allow"
"deny"
vine-growthつたの成長"allow"
"deny"
soil-dry土が乾くか"allow"
"deny"

こちらも溶岩の設定などをしておけば
荒らし対策に有効ですね。

天気を変更したりできるので
応用すれば色々なことができそうですね。

マップ関連

フラグ名フラグの説明権限
item-pickupアイテムを
拾うことができるか
"allow"
"deny"
item-dropアイテムを
捨てることができるか
"allow"
"deny"
exp-drops経験値が
落ちるかどうか
"allow"
"deny"
deny-message死因メッセージの
表示内容
メッセージ内容を入力
entry領域に入ることができるか"allow"
"deny"
exit領域から出ることができるか"allow"
"deny"
greeting領域に入る際に
表示するメッセージ
メッセージ内容を入力
farewell領域から出る際に
表示するメッセージ
メッセージ内容を入力
enderpearlエンダーパールの使用"allow"
"deny"
invincible無敵"allow"
"deny"
game-modeゲームモードを変更するsurvival
creative
adventure
time-lock時間を変更する0~24000で指定
weather-lock天候を変更するclear 晴れ
downfall雪・雨が降る
heal-delayHPを回復する回復する時間を指定
heal-amountHPが半分になったら回復?値を指定
feed-delay空腹を回復する回復する時間を指定
feed-amount空腹が半分になったら回復?値を指定
teleportテレポートする
(コマンドを使用?)
値を入力(座標)
spawn領域内で死亡した時に
指定された
場所に移動する
値を入力(座標)

これも領域内で様々な設定ができるので
応用するとおもしろそうですね。

その他

フラグ名フラグの説明権限
pistonsピストンの使用"allow"
"deny"
send-chatチャットを送信できるか"allow"
"deny"
receive-chatチャットを受信できるか"allow"
"deny"
potion-splashスプラッシュポーションの効果を有効にするか"allow"
"deny"

あまり使う機会はなさそうですが
一応載せておきます。

まとめ

WorldGuardの設定の一覧でした。

フラグをうまく活用することによって
荒らし対策やユーザー同士のトラブルを
防ぐことができるので、管理が楽になります。
サーバー管理者なら必須の設定ですので
必ず設定しておくようにしましょう。

また、フラグを応用することで
領域内に特殊な場所を作れたり
イベントなどでも使用できそうなので
色々試してみると良いかもしれませんね。