今回は、NEC製ルーターでポート開放をする方法を紹介。
NECとAtermは同じと考えてよいです。
NECが開発するルーターのシリーズ名がAtermだということ。

ルーターの設定画面にアクセス

今回ポート開放に使用するルーターはAterm WF1200HPです。

NEC(Aterm)のルーターでは基本的には同じですが
設定画面のデザインなどは若干違うかもしれません。

まずはルーターの設定画面にアクセスします。
機種などによって若干違いがあります。
基本的には以下の方法でアクセスできると思います。
http://aterm.me/
192.168.10.1
192.168.0.1

一番確実な方法は、コマンドプロンプトで”ipconfig”と入力し
デフォルトゲートウェイのIPをURL欄に入力することです。

必ずInternetExplorerでアクセスしてください。
ルーターによって対応しているブラウザが違いますが
IEで接続する事をオススメします。

アクセスしたらIDとパスワードを求められます。

IDadmin(初期設定)
Password任意(初回起動時に設定)

通常はこの通りでアクセスできると思います。
IDは変更していなければ”admin”
パスワードは初回起動時に設定したものです。
忘れてしまった場合はルーターを初期化しましょう。

アクセスができたら次のような画面が表示されると思います。

左側の詳細設定からポートマッピング設定を選択


ポート番号の指定

ポートマッピング設定を選択したら次の画面が表示されます。

左上の対象インターフェイスが自分の接続先になっているかを
確認してください。自動的になっていると思いますが念のために
確認が済んだら、右下の追加をクリックします。

すると、次の画面が表示されます。

LAN側ホスト
自分のパソコンのIPアドレスを指定します。
コマンドプロンプトを開き”ipconfig”と入力しEnter。
IPv4アドレスに表示されている数字をここに入力。

プロトコル
基本的にはTCPまたはUDPだと思いますので
どちらかを選択する。

ポート番号
開けたい番号によって入力方法が異なるので注意してください。
例えば、1~1000番を開けたい場合には
左側の空白に1 右側の空白に1000と入力する。

1000番だけを開けたい場合には
左・右の空白に1000と入力する

優先度
1~50の間で入力します。
一番初めにポート開放するなら1
次は2,3,4….と入力する

入力が終わったら右下の設定をクリックする。
画面のが変わるので左上の保存をクリックする。

以上で、ポート開放は完了です。

念のためにルーターを再起動しておきましょう。